カテゴリー別アーカイブ: 神待ち

19歳独身女性ニートの神待ち日記

田舎の高校を卒業し短大に進学するために上京した私ですが、いざ東京に来てみると生活は想像していた以上に苦しいものでした。学校でも友達は出来ず勉強にもついていけずにすぐに自主退学をしました。はじめは親にも正直に話して、田舎の実家に帰ろうとも考えたのですが、それでも田舎には帰れません。高い入学金を出してくれた親に顔向けも出来ないし、挫折して戻って来たなんて恥ずかしくて。

親から少々の仕送りは貰っているけど、やはり生活するには足りないので、生活費を賄うために始めた日払いのアルバイト。そのバイト先で知り合った友達に、神待ちというのを教わりました。それからというもの、毎晩のように町に繰り出しては神待ちをしています。

神待ちというと、体の関係をしないといけないのかと思っていたのですが実際はそうでもなく、ご飯をごちそうになって、その晩泊めてもらうだけということがほとんど。私は運が良いだけかもしれないけど、無理矢理何かをしようとする人も少なくすっかり安心した私は、今では神待ちだけで生活をしています。

特に困ったことはないけど、後ろめたさがあるのも事実。
このままでは永遠に親に顔向けできないし、若いうちしか出来ないし。早くまともな仕事を見つけて自立しなきゃって最近では思っています。でもこんなに簡単に生活出来ちゃっているので、なかなか行動には移せないんですけどね。出会う男性も、案外いい人ばかりだし、神待ちをやめるにはもう少し時間が掛かりそうです。