オナ友

「ケイジ、お前の彼女可愛いな。今度紹介しろよ。」「彼女なんていないよ。」「嘘つかなくていいよ。可愛い子と歩いている姿を見かけたよ。女に興味がないとか言ってずるいな。」初めは友達の言っている意味が分からなかったけれど、話を聞いてその相手は彼女ではなくオナ友のサクラだと分かりました。もともと女と付き合うのはめんどくさい俺は彼女が欲しいと思ったことがありません。だけど、性欲があるせいかそれを満たすためにオナ友でもいい女性を探していました。そして、クラブで知り合ったサクラが彼氏がいるけれどセフレを募集をしているというのでサクラとオナ友になりました。しかしオナは最初だけ。実際はもう何度もエッチをしています。意外とサクラとの相性がいいのか気持ちよく、この関係になって半年ぐらいが経ちこのままこの関係が続けばいいと思いましたがサクラは違いました。
「彼氏よりあなたの方がいい。ちゃんと付き合わない。」体の相性は良くてもやはり付き合いたいと思えない俺はその告白を断りましたが、サクラは諦めたのか付き合わなくてもいいからこの関係を続けたいと言われ続けました。
ところがしばらくしてサクラが彼氏と一緒に俺の前に現れました。どうやらサクラが浮気をしていたのがバレ様子でした。彼氏は喧嘩を売ろうとしていたけれど、俺がパーカを脱ぎ威嚇をしました。普段からジムで体を鍛えているせいか、体はがっしり、肌は地黒のせいか黒く、見た目は強面と言われることもあってその威嚇で俺の顔を見て逃げて言ってしまいました。そして、サクラとの関係が終わりました。
ツーショットダイヤル

待ちに待った年末がやってきた。妻も娘も年末は妻の実家に戻るため俺が一人でお留守番。まさに、独身時代に戻れる。日頃は妻には逆らえずビクビクしながら暮らしていたけれど、もうそれもお預け。私はこの日のためにオナ友をネットで作っていたので、オナ友と一緒に楽しめると思いました。もちろん、本当は実際にやれたら一番最高だけれど、万が一妻にバレたら大変なことになるから、テレビ動画で我慢。
そして、妻と娘が実家に帰省して直ぐ私はオナ友に連絡を入れて楽しみました。最近は誘っても妻はやってくれず、しまいには「いい歳してエッチしたいなんてキモイ。」など言われて悲しい思いをしていたこともあってテレビ電話でも本当に満足しました。妻は5日間帰ってこないので次の日も楽しみました。そして、3日目には彼女から会いたいと言われました。私も会って実際にやってみたいと思っていましたが、彼女も同じ気持ちか不安でした。ところが意外にも彼女も会ってやりたいと言われ遂に浮気をしてしまいました。だけど、罪悪感は感じませんでした。それはあまりにも気持ちよすぎてまた、やりたいという気持ちが強かったから。そのため、妻が帰ってくる日まで楽しみました。
そして妻が帰ってくると早速私を見て「私達がいなくて楽できたの。」と、言われました。まさか気づかれたと不安になりましたがそれは大丈夫でした。その後、彼女との関係は続いていました。携帯をロックするとますます怪しまれるので、ロックはせずに彼女には電話で連絡のやり取りをしました。もちろん、彼女からは電話はかけることはなく、私から電話。登録名前も苗字だけなので妻に気づかれることはないかなと思っています。
テレフォンセックス
テレフォンセックスとは